当社は流動浸漬コーティングのパイオニアで、昭和29年から半世紀以上の実績がございます。

その加工方法は一言で言えば「ドブ漬けの粉体塗装」です。ですから、量産のラインでは吹きつけ塗装と異なり、一度の工程で多くの被塗装物をコーティングすることができます。

またタンクの中で加工されるため、塗料のロスが少ないというのも特徴で、メッシュ、網類のコーティングに威力を発揮します。


前処理を施した被塗装物を炉に入れ250℃程度まで加熱し、そのまま粉体塗料の入ったタンクへ浸漬します。被塗装物の自熱で粉体塗料を溶かし、付着させることで塗装膜を形成します。そして再度炉を通し、表面を滑らかにします。

樹脂コーティングのご案内

特   徴 用   途
塗装膜が厚い(500μm以上可能)
耐候性に優れている
耐薬品性に優れている
弾力性がある
樹脂自身の効能プラス塗装膜の厚みで耐食性が持続
塗料が安く、コストパフォーマンスが魅力
屋外使用の網、ガード関連(フェンス、空調用ファンガード、ベンチ)
冷蔵庫棚
研究室関連(試験管立て、ドラフトチャンバー部品)
雑貨

塗装膜状態

エッジの鋭いエキスパンドもPE
ユーティングすると素手で持てる
ほど安全です。

特   徴 用   途
樹脂表面が非常に硬く、耐衝撃性に優れている
酸以外の耐薬品性に優れている
独特の感触の良さ
医療用器具
金具、ハンドル
自動車部品
洗浄カゴ

塗装膜状態

特   徴 用   途
電気絶縁性に優れている
密着性に優れている
熱硬化性樹脂
電気設備関連部品
絶縁ボルト

塗装膜状態

特   徴 用   途
電気絶縁性に優れている
密着性に優れている
熱硬化性樹脂
電気設備関連部品
絶縁ボルト

塗装膜状態