農材・フィルムAgricultural・Film

難透過性フィルムハイバリアー

ポリエチレンの約1000倍※のガスバリアー性を実現。
土壌消毒剤の削減や効き目アップが期待できます。

当社従来品(PE)との比較による実測値と理論値に基づいた値です。

商品特長

さつまいも栽培 マルチ畦内処理

さつまいも栽培 マルチ畦内処理

0.02㎜厚で、機械展張が可能に

0.02㎜厚で、機械展張が可能に

ハイバリアー黒マルチ

  • ガスバリアー性能が非常に高い機能性多層フィルムです。
  • 気化による、消毒液の揮散を防ぎ、その使用量の削減や、 効果の向上が期待できます。
  • 消毒剤使用量の削減による、低コスト栽培と、 低農薬栽培の両立が可能です。
  • 0.02mm厚のため機械展張使用も可能です。

タキイ種苗広報誌「タキイ最前線(http://www.takii.co.jp/tsk/bn/sample/20120851.pdf)」で紹介されました。
マイナビ農業で、徳島県「JA里浦」と「徳島県立農林水産省総合技術支援センター農業研究所」の取材記事掲載中です。
https://agri.mynavi.jp/2018_11_30_48794/

消毒剤の削減効果については、天候や土壌条件など様々な要因でことなります。

規格

透明

規格 入数
厚(mm) 巾(mm) 巻(m)
0.02 1,800 200 2本
0.02 2,100 200 2本
0.02 2,100 500 1本
0.02 2,700 200 1本
0.02 3,000 200 1本
0.02 4,200 100 2本
0.02 6,000(繋ぎ加工品) 100 1枚
0.02 6,000(繋ぎ加工品) 50 1枚
0.02 7,200(繋ぎ加工品) 100 1枚
0.02 7,200(繋ぎ加工品) 50 1枚
0.03 6,000(繋ぎ加工品) 100 1枚
0.03 6,000(繋ぎ加工品) 50 1枚
0.03 7,200(繋ぎ加工品) 100 1枚

規格 入数
厚(mm) 巾(mm) 巻(m)
0.02 950 200 2本
0.02 950 400 2本
0.02 1,350 200 2本
0.02 1,500 200 2本
0.02 1,800 200 2本
0.02 2,100 200 2本

白黒

規格 入数
厚(mm) 巾(mm) 巻(m)
0.02 950 200 2本
0.02 1,350 200 2本

実測データ

イワタニハイバリアー使用による畝内15cmのクロルピクリン濃度の推移

宮崎県 イモ用

マルチ内の土壌消毒剤の濃度に大きな優位性が確認されました。

徳島県鳴門金時の慣行栽培方法に習い、3月下旬に30cm間隔一穴あたり3mmのクロルピクリンを使用。MU式採気採水管を畝頂部から15cm差し込み、クロルピクリンの採取を行い、各区2箇所を分析し平均を求めました。

本データは、実測値であり保証値ではありません。

土壌条件や、気候などにより効果に差が出る場合があります。

出典:徳島県立農林水産省総合技術支援センター農業研究所<22年度データ>

ハイバリアーとポリエチレンフィルムとによるフィルム透過量の測定データ

宮崎県 イモ用

一般に土壌消毒用に使用されている、農ポリ(ポリエチレン)とハイバリアーの0.02㎜厚とを比較し、クロルピクリンの透過量を測定したところ、左記の様に格段の難透過性能が確認できました。

出典:徳島県立農林水産省総合技術支援センター農業研究所<22年度データ>

ハイバリアーとポリエチレンフィルムとによるサツマイモ塊根での立枯病発病率

出典:徳島県立農林水産省総合技術支援センター農業研究所<22年度データ>

徳島県のさつまいも(鳴門金時)で、立ち枯れ病の発生を大幅に抑える結果がでました。

1区20株の50g以上の塊根の発病の有無を調査し、各処理4区の発病塊根率の平均を求めました。

ハイバリアー使用区

ポリフィルム使用区

出典:徳島県立農林水産省総合技術支援センター農業研究所<22年度データ>

使用事例

岐阜県トマト栽培

[岐阜県トマト栽培]
機械展張 クロルピクリン使用
クロルピクリンの刺激臭が改善され、ハウス内の作業環境が向上。

千葉県大和芋栽培

[千葉県大和芋栽培]
クロルピクリン・DD使用
剥ぎ取り機に対応。
生育も良好。

千葉県すいか栽培

[千葉県すいか栽培]
農ビとの比較テスト DD使用
ホモプシス根腐れ病の被害がなくなる。

群馬県キャベツ苗床

[群馬県キャベツ苗床]
クロルピクリン使用
根細症の被害がなくなる。

茨城県ユーストマ栽培

[茨城県ユーストマ栽培]
クロルピクリン使用
薬剤使用量を半減させたが、青枯れ病を防ぐ。

徳島県甘藷栽培

[徳島県甘藷栽培]
機械展張に対応。
立ち枯れ病の発生を大幅に改善。

使用上の注意
従来品と比べ、格段にガスバリアー性が高い商品ですので、土壌消毒剤の残留にご注意ください。特にマルチ畝内処理で使用される場合は、土壌消毒剤が土中分解されるまでの十分な期間を取ってください。

この商品のお問い合わせContact

合成樹脂本部

東日本担当

TEL:03-3555-3501

FAX:03-3555-3900

西日本担当

TEL:06-6261-1945(代表)

FAX:06-6261-1074

採用情報 採用情報

お問い合わせContact

製品に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください